札幌 エクステリア・カーポート [ランドプラン] | カーポート関係
FC2ブログ

[札幌 カーポート]カーポートのメリットとデメリット

今年の冬もだんだんと終りが近づいてきました!
雪が解けてから住宅まわりを変えようって方も増えてくるのではないでしょうか?

今回はカーポートのメリット&デメリットの紹介です!

@メリット

冬は除雪の心配が軽減される。
車の雪はね等をしなくてすむのですぐにでも出発可能。
紫外線や鳥のフン等で車が汚れる心配が軽減される。
車庫とくらべると扉がない分出入りがスムーズです。
車庫にくらべると外観が見えるので解放感がある。
囲いがない為固定資産税の対象に原則として含まれない。
斜めのカット等土地に合わせた施工ができる。
安い。

@デメリット

横殴りの雨や雪が防げない。
柱が邪魔。
住宅に近付ければ近付けるだけ利便性は増すが住宅内の光が遮られる。


インターネットでカーポートのデメリットを調べると実際でてくるのは
雪や風の影響により柱が折れたり屋根が落ちたりといった情報がでてきますが

その情報の大半は道外でのカーポートです。

北海道でアルミのカーポートをつけるとなると耐積雪量が100cm以上じゃないと
不安なため施工する場合は片側柱ではなく両柱のタイプになり
4本6本8本・・・といった構造にになります。
そういったカーポートをつけるとなると耐風圧強度もけっこう増しています。

なので雪に押しつぶされたり風で飛んでいったりという事例は
道外に比べてかなり低いと思われます。



当社のカーポートの料金等はこちらをご覧ください
※場合により金額が前後する場合がございます。

28年B4表チラシ



その他の商品や施工内容・お問い合わせについては→ → → 札幌の外構エクステリア激安店 ランドプラン
スポンサーサイト



[札幌 カーポート] カーポートの価格って?


最近札幌ではカーポートをよく見ます

【あまり除雪の心配がいらない】 【ロードヒーティング等の維持費が高すぎる】
【壁等がないので固定資産税の対象外】 【直射日光や汚れをある程度防ぐ事ができる】

やはり雪国ではなかなかいいものですよね設置するだけでこんなに変わるんですもんね
北海道外でも錆の防止や汚れの防止などで設置している方も結構いるみたいですね

カーポートには耐積雪量の目安がありまして道外で売られているようなものは
20cm~50cmの耐積雪量でかなり安いものがおおいのですが
北国でそういったものを付けると何が起こるかわかりません。きっと潰れてし・・・

なので北海道ではより強固に作られた豪雪地仕様の物をオススメしております。
より強度をだすために一般用よりもさらに頑丈な材料を
使っているのでその分値段は若干あがります。

では実際カーポートのお値段っていくらくらいなのでしょうか?
ネットで調べてでたある程度の価格です。参考までとお考えください
(自社は含まず)

 4本柱で1台用 耐積雪が100cm
 約30万前後


 4本柱で2台用 耐積雪が100cm
 約48万前後


 6本柱で1台用 耐積雪が150cm
 約36万前後


 6本柱で2台用 耐積雪が150cm
 約60万前後



あっ!これ安いとおもったら屋根材が料金に含まれていなかったり
材料費の料金だけで工事込の値段じゃなかったりするところが結構多いみたいですね

こう比較してみてみると6本柱の1台用から2台用ってかなり金額あがりますね!
4本柱の積雪100を二個建てるのと金額ほぼ変わらないですもんね!
ですが積雪量もちがいますし真中に柱4本あるのもいやですよね

カーポートやガレージ等でご検討やお悩みのかたがいましたら
ネットを調べてまわってみるのはいい考えだと思います(*^_^*)

自社では価格には自信があります!
ぜひ私どものカーポートもご覧になってください!


さらに詳しいカーポートに関してはこちらへ → → → 札幌の外構エクステリア激安店 ランドプラン
TAG :
札幌
カーポート
外構
エクステリア
セシール キャンペーン番号、★被リンクブランドバッグ・鞄通販ショップVプリカ